知っておきたい横浜市の墓地探し成功へのポイント

横浜 には、民間の霊園や納骨堂、民間寺院の他に横浜市営の墓地が4か所あります。開園が明治41年の歴史をもつ神奈川区にある三ツ沢墓地、大自然に囲まれた港南区にある日野公園墓地、そして丘陵からの景色が見事な西区の久保山墓地、公園と一体となり、他の市営墓地とは違い洋風な戸塚区の墓地メモリアルグリーンとそれぞれ特徴を持った墓地です。民間に比べ年間の管理費用も安く、また自治体が運営しているため安心して利用できるというメリットがあるため、とても人気で、利用を希望される方が多く、抽選で利用者が決まります。墓地によっては、それぞれお墓の種類もあり、横浜市内に3か月以上在住という条件を満たしていれば、申し込みをすることが可能です。毎年決まった時期に募集をしているので、見逃さずに、まず市営墓地を候補として考えてみるのもいいでしょう。

人気エリア、横浜 での墓地事情を紹介

横浜 は、住みたい街のランキングで上位になるほど人気のエリアです。また墓地に関しても、市内在住者が、終の住み処として、横浜市内を希望されている方が大半で、また市外県外からも横浜で墓地の購入を考えている方もいるほど、人気のエリアとなります。そのため、今後横浜市内の墓地が不足するという深刻な問題も抱えています。新しく霊園がオープンすると、直後から見学や申し込みがあり、民間の場合は先着順で購入できる為、自分が希望する区画を購入したい場合は、早い申し込みが必要となり、最新の霊園の情報を得るために常にアンテナをはって過ごす必要があります。また、市営の墓地も、今ある墓地の敷地内に納骨堂を新しく造る計画や、また、戸塚区に平成29年度以降着工予定で新しく市営墓地を造る計画を検討していたりと、これからの横浜市のお墓不足の対策がされているのが現状です。

横浜 での墓地購入を決めたなら、自分にあった墓地の選び方

墓地の購入について、普段から考えている人は少ないでしょう。まず、どこを終の住み処と考えた場合、横浜 在住の方は、やはり住み慣れた街を選ぶ方が大半です。では、横浜での墓地購入を決めたあとは、自分にあったお墓を選びましょう。お墓の種類は様々で、民間の霊園をはじめ、寺院墓地、公営の墓地、樹木を墓標とする樹木葬、また納骨堂や永代供養墓などがあります。また種類の他にも、立地条件や交通のアクセス、また環境や設備なども選ぶポイントとなります。自宅からは行きやすい場所なのか、日当たりや景観、風通しがよいかどうか、園内の雰囲気など、墓地に実際に足を運んでみるとよいでしょう。一生にあるかないかのお墓の購入は、高額なお買い物です。希望する条件に優先順位をつけて、自分にあった納得できるお墓を選ぶことをおすすめします。