失敗しない横浜市の墓地探しを解説

人は誰でも年をとり、最後に死を迎えます。その前に必ずしておきたいのが墓地探しです。しかし墓地といってもどんなものを選べばいいのか、どんな所を選べばよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。例えば、横浜で墓地を探している場合、どのようにしていけばいいのでしょう。現在、様々な方法で墓地や霊園の紹介がなされており、選択肢の幅が広がっています。その中でどのような墓地を選べばいいのかは、自分の中で条件をつけていくのが良いでしょう。ではその条件にはどういったものを挙げればいいのでしょう。まずは墓地の立地から考えていきましょう。墓地を訪れるのは自分の家族だけとは限りません。法要の際など、親族が集まることもあります。普段の墓参り以外のことも考えて、交通の便が良い場所を探すようにしましょう。また、将来車を運転できなくなっても通えるように、複数の交通手段があるところを考えていきましょう。

横浜で墓地を探す!墓石だけが墓地ではない

墓地は決して安いものではなく、どちらかといえば高いものであると言えます。また、土地に限りがあるので、横浜のように大都市で、交通の便が良く近場で探すとなると思ったようには見つからないのが現状ではないでしょうか。そこで墓地の選択肢の一つに納骨堂を入れてみるのはどうでしょう。納骨堂は、お骨を預かってもらう場所、一時的な保管場所のようですが、そうではありません。納骨堂の中には、納骨壇と言われる骨壷を収めるスペースがあります。地下に納骨されるタイプや棚に安置されるタイプなど形は様々ですが、れっきとした墓地です。納骨堂に納骨する場合は、墓石の購入が必要なく、管理もしやすいので、比較的安価で購入できるのが特徴です。また、都会の中であっても比較的交通の便が良い場所も多くあるので、お墓参りもしやすいと言えます。また、屋内にあるので天候を気にしなくても良いのがメリットです。

横浜の霊園で墓地を探す!霊園の選び方

納骨堂ではなく、墓石が立つ墓地がいいと考えているのなら、霊園を探してみましょう。その場合、どのような点に注意して探していけばいいのでしょうか。交通の便が良いことはもちろんですが、霊園自体の設計や立地も考えるのが良いでしょう。例えば、墓地を立てたものの、霊園内は階段をかなり上がり降りしなければいけない、坂道が続いて墓地までたどり着くのが大変となると、お墓参り自体が大変なものになってしまいます。また、人はいつまでも若い時の健康な体でいることはできません。明日にでも何らかの原因で車椅子生活を余儀なくされる場合もあります。参道が狭い場合などは、車椅子でのお墓参りが難しく、それ自体ができなくなるということもあるのです。霊園の環境を知るために、霊園見学に行くのも良いでしょう。横浜を始めとする大都会での墓地探しは大変ですが、残された子孫のことも視野に入れて、納得のいく墓地探しをしていきましょう。